主人のつぶやき

今年59歳。
ビジネスマンとして常に数字を背負って参りました。
毎月が私でいうところの選挙。
落ちるわけにはいかない、が彼の背中には漂っている。

その彼の最近のつぶやきは、
「仕事は60で辞める・・・」との事。
それは、自由なのですが、年金を貰えるまでに5年以上、
いいえ、もっと先になる可能性は大。
また、「後は宜しく。俺を扶養してくれ。」ともつぶやく。
働き方改革という名に無縁であった、彼の職業観は、
「これ以上働くことはNO」なのでしょうね。

お互い、よく働いて参りました。
「主人のつぶやき」はつぶやきと受け止めますが、
私としては、そうであるならば、
「あなたに主夫ができますか・・・」とつぶやきたい。

「もう5年、自分自身をごまかしながら、働いて下さい。」

私、祈ってます。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)