「警官が警官を殺す」

世も末である。
安全・安心の源である警察官が、殺人を犯すなど、予想だにしていませんでした。
計画的なものであれば、もっと恐ろしい、、、

先日、その事件があった翌日に、警察官がピンポーンと家に訪れました。
ドアを開けていいのか否か、正直迷いました。
用件は、家族構成の確認でしたが、まじまじと、
下から上へ舐めるように、その姿を観察してしまいました。

不祥事の範囲を超えたこの事件。
防ぐには、何を基準で採用すれば良いのでしょうか。
また、研修や人としての関わり方に、何をもって気をつければ良いのでしょうか。

暗中模索・・・ぜひ答えが欲しい。

私、祈ってます。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)