電動付きベビーカー規制緩和検討

保育士の体力的な負担減を目的に、具体的な要件に向けて、
警察庁や経済産業省が議論している。

この規制が緩和されれば、歩道を通行できるとの事。

歩道が狭い日本にとって、他の歩行者の安全対策が必要、
しかしリヤカーや自転車、いわゆる「軽車両」は歩道が通れないことになっている。
大きさ、重量が要件を満たせば、歩道を利用できるのか・・・疑問が残る。


(神奈川新聞2018年5月2日水曜日15面より抜粋)

電動付きベビーカーを導入すれば、保育士の体力的負担減に繋がるのなら、
導入費を補助することも必要ではないか。

そうなることを、私、祈ってます。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)