パワーハラスメント、セクシュアル・ハラスメント、マタニティ・ハラスメント ~ハラスメントは多岐に渡る~

財務省幹部がセクハラ研修に参加したとの事。
女性記者に対するセクハラ発言が、この研修の入口、
いわゆる幹部が参加することになったのであろう。
「世間とのずれ」を表面化した内容だそうだが、
今さらこんなことからの研修かと、、、ビックリした。

パワハラ、セクハラ、マタハラなど、世の中には多岐に渡るハラスメントも存在する。

パワハラは権力行使が左右し、
セクハラは、「気がつかない」が軸となり、
マタハラは「子どもを作る」ことへの恐怖に繋がる。

多くのハラスメントは、ここを変えれば何とかなる問題ではない。
家庭の中にも存在する・・・言い過ぎでしょうか。

まずは、「家庭内の常識」が変わらなければ社会のムーブメントにならないと考える。
ムーブメントになることを、私、祈ってます。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)