LGBT(性的少数者)対応の大学

早稲田大学の早稲田キャンパスに、LGBTを支援する場所がある。
利用者は約1年で延べ960人。
多いか少ないかは別として、そこは「セクシュアリティー」や
「人間関係の悩み」が多くを占めていた。

一方、獨協大のゼミの学生グループが、
「高校生のためのLGBTQハンドブック」を発行し、
高校生に特別授業を行い、授業前には51%がLGBTが
遠い存在であったのが、授業後は21%に減った。

私は今、「文教常任委員会」に所属し、
「高校生のあり方」について考えている。

大学受験にのぞむLGBTの学生にとっては、大学に
「支援策」があるか否かが重要な指標になる。
神奈川県も特別授業を行い、差別のない広がりを求めていくべきと考える。

しかし、これを現実化させるには、広める人たちの制度を作っても、
実際の意識が変わらなければ意味がない。

意識を変える努力を皆でしましょう。
私祈ってます。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)