児童福祉司2000人増員へ

国の児相運営指針は、虐待の通告を受けた48時間以内に
「子どもの安全」を確認することを求めている。

立ち入り検査や警察の援助が要請できるようになっているが、
児相の仕事はいうまでもなく、子どもの虐待阻止だけではない。

児童福祉司は人口4万人につき1名とされているが、
基本であり、上限ではない。

子どもと親の関係にあるべき姿はいったい何であろうか?
いつもそこに私自身壁がある。

私も息子は26歳になりますが、はたしてどんな親子関係であったのか、
未だに評価に苦しむ。

児童福祉司の増員も重要だが、現代社会の中で生き抜くことが、
あまりにも課題が多いと思う。

スローな社会、ワークライフバランスも同時に考えないとこの問題は前に進まない。
前に進むよう、私祈ってます。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)