茅ヶ崎市は7月から寄付を募って公立小中学校の普通教室へのエアコン設置に一部充当したい

とのこと。
公立学校に掛かる費用は公費で賄うと定められているが、
このことはいかがなものか!?

税収が伸びる可能性が少ないと踏んでいる財政課は、
「なりふり構わず、お金を集めてこい!」らしい・・・

エアコンは、今や公立学校の標準装備ではないでしょうか。

この安易な考えには、私はついていけない。
校長室、職員室のエアコンだったら、真っ先に予算化するのでしょうね・・・

学校は、スチューデント・ファーストであってほしいと、
私祈ってます。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)