軽減税率財務省方針固めるー「店内飲食禁止」徹底できるのか!?ー

コンビニやスーパーで「飲食スペース」のある店が近年増えているように思う。

酒類を除き、コンビニやスーパーの食品は税率8%にする。
ただし、「飲食スペース」で食べたら10%とし、客にその確認をせよ・・・という事である。
そして、「飲食スペース」があっても、飲食禁止と明示し、その実態があること。
そのスペースは「休憩所」ということであろう。

自動販売機の飲み物はどうするのでしょう。
コンビニで弁当や飲み物を買う時、「お持ち帰り」にして車で食べよう・・・
弁当屋は外食産業に入るのでしょうか!!
色々と疑問が湧く。

そもそも消費税10%にする意味を考えたら、この軽減税率など、本当に必要なのか、
という問題にぶち当たってしまう!
議論の余地は残っていないのか、祈るような思いです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)