「大人用おむつ」の正しい使い方

我が家にも、寝たきり老人をひとり抱えている。

8年前から認知症になり、要介護3からスタートした。
それが、2年半前から脳梗塞を患い寝たきり老人、今や私の事すらわかりません。
そして胃瘻を余儀なくされ、尿は管から出し、当然おむつをした状態で施設にお世話になっている。

要介護度が重いと、「おむつ」のごみが、8~9割を占める人が出ている状態である。
「子ども用」と比べ、サイズが大きい上、水分を多く含んでおり、燃えにくい。
地方で、しかも人口減の自治体では収入減になり、「おむつ」ごみを減らさないと、焼却炉を建て替える時、炉のサイズを小さくできず、「財政的に大きな負担となる」と警告されている。
介護施設は吸収量が多いものを使用しているのが現状だと思うが、このおむつの使い方も、適正な使い方を指導していかなくてはならないと考える。
そうなることを信じ、祈ってます。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)