水道法改正に私は反対します

地方自治体の水道事業、特に水道管のことを考えると、民営化もありだとは思う。
しかし、民営化の前に各自治体間との調整が先であると思う。

神奈川で言うと、広域的に水道事業が行われているが、これを民営化となれば、それぞれの自治体の考えが優先される。
まずは県内の自治体がどう考えているのか、集約が必要であろう。
水は生活にならなくてはならないもの、民営化されれば独占企業になり、水道料金や安全性に疑問を持たざるを得ない。また、今まで、水道料金の免除になっていた方々は、どうなるのか?公の技術者はどういう立場になるのか、公共福祉に反することではないのか・・・

国は我々の意見をどう捉えているのか、正確に把握していただきたい・・・と祈っています。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)