重大いじめは、どうやったら無くなるのか!

文部科学省は、いじめの原因や傾向を分析する仕組み作りに乗り出す方針である。
その背景に、調査結果を再発防止に活用する動きが進んでいない現状がある。

文科省の有識者会議で、調査結果のデータベース化や分析が再発防止策の提案などを示した。
しかし、自治体は「個人や事案特定の恐れ」などを理由に活用が進んでいない。
このようなことから、国と地域で綱引きがあるであろう。

しかし、山口ゆう子は、文科省の言う通りであると考えます。
いじめを本気でなくすためには、新たな手法が必要である。
そうならなければならないと、私祈ってます。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)